皮膚科や病院でもダメだった赤ニキビの即効での治し方

生理前の赤ニキビを即効で治すにはスキンケアの成分や低用量ピルで原因となっている女性ホルモンの乱れに効果的に働きかける治し方が必要です。ストレス対策も生理前の赤ニキビを早く対処する上では重要です。

皮膚科や病院でもダメだった赤ニキビの即効での治し方 》 生理前の赤ニキビの治し方!ピルで女性ホルモンを整える方法も

生理前の赤ニキビを即効で治すにはスキンケアの成分や低用量ピルで原因となっている女性ホルモンの乱れに効果的に働きかける治し方が必要です。ストレス対策も生理前の赤ニキビを早く対処する上では重要です。

「生理前になると必ず赤ニキビが増えてしまう」
「体質のせいだと思って半分は諦めている状態、、、」

女性にとって生理前の肌荒れは美肌を作っていく上で最大と言っても良い天敵です。毎月のように赤ニキビができやすい期間があるせいで常に肌をキレイに保つことが難しくなり、症状を悪化させてしまうとニキビ跡などの大きなダメージを残してしまう原因にもなりますもんね。

排卵日以降の生理前に赤ニキビが大量発生してしまう根本原因は女性ホルモンバランスの乱れにあります。

生理前になるとエストロゲン(卵胞ホルモン)が減少してプロゲステロン(黄体ホルモン)が増加しますが、プロゲステロンには皮脂過剰を引き起こす作用があるため、毛穴に皮脂を詰まらせて吹き出物の原因を作ってしまいます。

さらにエストロゲンが減少したことで肌の水分量が減少してハリやツヤも失われ、角質層の新陳代謝も低下して毛穴に角栓ができやすい状態にあるのも大きな原因の1つとなります。

生理前になると赤ニキビができてしまう場合、この女性ホルモンバランスの乱れが大きいことに最大の原因があると考えて治し方を実践していくと即効で対処することにもつながり良いでしょう。
生理前の赤ニキビの治し方で即効性を意識するなら絶対に欠かせないのが女性ホルモンを整えるケアです。

根本原因が女性ホルモンバランスの揺らぎにある以上は、ただスキンケアや治療薬で皮膚の表面から働きかけるだけではやはり力不足となってしまいます。
(もちろん、運が良ければそれでも落ち着くことはありますが)

また、どうして女性ホルモンバランスが乱れてしまうのか?

その原因になっているストレスを和らげるようなセルフケアも生理前の赤ニキビを即効で対処していく上では大切になります。

睡眠時間を確保して寝不足にならない、暴飲暴食、お酒の飲み過ぎを避けて胃腸や肝臓などの内蔵に負担をかけない、体を動かして血行が悪くならないようにする、こういった生活習慣の改善はもちろん有効です。

仕事や家事が忙しくて継続的に生活改善に取り組むことが難しい場合には、女性ホルモンを整える作用、リラックス作用を持つダマスクローズウォーターが配合された大人ニキビ用コスメのラミューテ化粧品も有効な選択肢の一つです。

スキンケアで女性ホルモン、ストレスといった生理前の赤ニキビの根本原因にも働きかけることが出来れば非常に助かりますよね。

もちろん大人ニキビ用の化粧品なので、肌の乾燥を悪化させない優しい洗顔、浸透感抜群の強力な化粧水、美容液による保湿ケアもしっかりと押さえられています。

現役の医師もコメントしていたり、最近は@コスメでの口コミの評価も高まってきているスキンケアなので1度チェックしてみてはいかがでしょうか。

満足出来る基礎化粧品を今使っているなら、ローズやラベンダーのアロマテラピーを取り入れる方法もオススメですが、赤ニキビを即効で対策する治し方を探しているのであれば一見の価値はある商品になっていると思います。
また、生理前の赤ニキビがどうしても酷い時の治し方として婦人科で受けられる低用量ピルを使ったホルモン治療もあります。

マーベロンやトリキュラーといった低用量ピルを使って直接女性ホルモンに働きかけることで、生理前の肌荒れの発生を防ぐことを狙います。

単に肌荒れができるだけではなくて、生理周期が一定ではなかったり、生理痛や不正出血などの月経前症候群(PMS)の症状が強く出てしまう時に治療方法の一つとして相談してみると良いでしょう。

女性ホルモンを注射で注入する治療法もあります。


ホルモン治療は即効性のある方法ではなく2-3ヶ月ほど継続することで緩やかに体質改善を感じ取ることが出来る治療法になります。

運が悪いと憂鬱になったり食欲が増進したり減退したり、吐き気などの副作用が出てしまい治療を継続することが出来ないこともありますが、婦人科の先生のアドバイスの下で治療を受けることが出来るので、その意味では安心度は高い方法と言えるでしょう。
(赤ニキビで婦人科の診察を受けることが恥ずかしいからと言って、通販でピルを購入すると偽造品が混じっていることもあり危険なのでやめてくださいね。)

自分で生活改善を行ったり、女性ホルモンやストレスに効果的な成分が配合されたスキンケアでも生理前の赤ニキビを治すことが難しいと感じる場合には、勇気を持って婦人科で診察を受けてみてください。

女性ホルモン値などを測定してもらうことが出来れば、本当に女性ホルモンに根本原因があるのか客観的に見てもらうことも出来るので、対策を始める大きな一歩にもなります。